工夫

最近、「おっさんレンタル」というのが話題になっているらしいですね?
おっさんが有料で若者の悩み相談に応える的なサービス。
人生下り坂のおっさんにも使い道があるという希望?(^^;

でも、おっさんが林業やるには、それなりの体力が必要です。
自分より若い人たちに負けないように動くのには、まともにやっても太刀打ちできません。
そこでなんとか(じたばた?)いろいろ工夫する訳です。

ということで、おっさんの工夫「夏の下刈り」編(たぶん続編はない)です。

①ハイドレーション・システム

2015-07-22 11.36.45

真夏の下刈り時には、水分補給が欠かせません。
熱中症予防はもとより、パフォーマンスを維持するには、適切なタイミングでの水分補給が必須。
山梨の大先輩から「夏の水は噛んで飲め。そうでないといくら飲んでも足りないから」と言われてました。
このハイドレーション・システムなら、作業を中断しないで、吸い口から少しずつ飲めるので、噛んで飲む感覚で水分補給ができます。
もちろん中身はポカリスエット。箱買いした粉末ポカリはこの夏で100リットル以上消費しました。

②日傘

2015-10-06 10.38.24-1

炎天下の下刈り、苗木が小さいと休憩時間に十分な日陰に入れないことが。
そこで登場するのが、日傘。街では男性はちょっと…という感じかもしれませんが、山では恥ずかしいとか関係ありません。
10分くらいの休憩でも、体力の消耗はできるだけ抑え、回復に努めます。
これはゴルフ用で性能がいいのか、バッチリ日差しを遮って、意外と涼しいですよ。

③メッシュゴーグル

2015-09-21 10.33.50-1

強烈な日差し、紫外線から目を守ることも大切です。ただでさえ、おっさんの目は真っ先に衰えが来てますから(^^;
晴れた日にはサングラス、曇りの日にはイエローグラスと付け替えたりしていましたが、
湿気によるメガネの曇りに耐えきれず、今シーズン途中からサバゲー用のメッシュゴーグルに替えました。
メリットは、絶対に曇らないこと( ̄^ ̄)ゞ
強い日差し下では内側が乱反射するのが、やや難ですが、とりあえずこれで湿気の多い午前中などのパフォーマンスダウンは防げます。

などなど、他にも、暑くてもカロリー摂取できる昼食の工夫とか、昼休みには足袋を脱いで、できるだけクールダウンするとか、
知られるとまずい内緒のものも含めて、いろいろ工夫(じたばた)してます(^^;

でも、若い人たちに同じことされてしまうと、完全負けなんですけどね(–;

まだまだおっさんのじたばたは続きます。
よいアイデアがあったらこっそり教えてください(^^

(青柳孝)

コメントはこちら

*

Return Top