社員ブログ

Category
ナミアゲハ5齢幼虫

ナミアゲハ5齢幼虫

約2年前。 唐突に、庭にアゲハチョウが居着いたら素敵だなと思った! そこで、当時入っていた間伐現場に生えていた山椒(ナミアゲハの食草)を庭に植え替えてみた。   そしてそれから1年後。 水やりをしながら山椒を見ると… おお!幼虫が居着いた!! 狙い通り!感動した!(^^)! 鳥のフンに擬態してるんだって。 数...
活かす

活かす

こんにちは。竹本です。 入社し一年経ったので、新人ブログから社員ブログへ昇格いたしました。 先日、大学時代からの友人が檜原村に遊びに来てくれて、久しぶりに語り合うことができました。友人と語ると、自分の心の中も整理されていいですね。30代の自分は何をしたいのか、どう暮らしたいのかみたいなことを話しました。檜原村に移住して...
下刈りの夏

下刈りの夏

今朝、家を出て車に乗ろうとしたらタイヤに蝉の抜け殻がくっついていました。 蝉の幼虫って思わぬところで羽化していますよね。 よくこんなところ登ったなと感心することがあります。 でもそのハングリーさというか、必死さが伝わってくる抜け殻が見られるのもまた夏の風物詩というか。 さて、当社において夏の風物詩といえば下刈り作業とそ...
女房とチェンソーは

女房とチェンソーは

新しい方が良いなんて昔から言いますけども、なんて書いて炎上したらどうしようと思う今日この頃な伏見です(-.-;)世知辛いぜ 3か月に一回の順番がなぜか半年ぶりに回ってきて、面白いブログの書き方も忘れ、会社の宣伝を前面に打ち出した前回の投稿は 「なんかヤッツケだったよね~。一人でバイキングのローストビーフ食べに行ってると...
村の一年

村の一年

村民になり1年が経ちました。 父になり1年が経ったことにもなります。 父になってのこの一年の振り返りはイクメンブログに書くとして、ここでは村に住み始めての感想を。 そもそも、村に住みたいと思ったのはここ2~3年でした。 空の開けた埼玉で育った僕にとって檜原村の第一印象は「ココには住みたくないな」でした。 そんな僕がなぜ...
木の命

木の命

秋から冬にかけて、ここ数年搬出の仕事が少しずつ増えています。 木を搬出するということは当たり前ですが、木を伐るということ。 木を伐るということは地中に張った根から幹を切り離し、木の命を断つことでもあります。 先人達は木を伐ることを「木を寝かせる」と言ったそうです。 自分たちも伐採の仕事の合間、 「次どこ寝かせる?」 「...
木を出す仕事

木を出す仕事

ついこのあいだ年が明けて、今年も心機一転がんばろう!!などと、のんびりと意気込んでいたと思っていたら、寒さが和らぎ、福寿草が咲き、散って、こんどは梅が咲いたぞ観梅だ、などと思っていたら、もう桜が散り始めました。 今日の檜原村は一日じゅう雨。雪に変わるとの予報もあります。雪景色の中でお花見できるかもしれません。2017年...
こぶたん

こぶたん

お久しぶりの更新です。 木田がしれっとさらっといつの間にか更新していたので、慌てて今回も村暮らしについてのしょうもないおはなしです。。 ララランドはあんまり興味ないけど木こりバージョンなら観てみたい…( ´∀`) 2月頭に立春を迎え、確かにそのころから少しずつ日がのびてきて、暖かい日がちらほら・・・ 雨水を迎え、3月前...
もう迷ってはいけない

もう迷ってはいけない

林業のゲームを作りたい、と思い始めてからもうだいぶ過ぎました。林業は植えてから、収穫(伐採・搬出)するまでの期間が長いのが特徴(だいたい50年〜)。その時間感覚を生かしたロールプレイングにしたいとか、間伐や下刈りといった、その間に行なう作業をひとつピックアップしてアクションにするとか…。 どれも数十年先のゴ...
舞台を飾る

舞台を飾る

どうもお久しぶりです。 代表青木とともに檜原村の人に会うと「コイツ、獅子舞オタクなんです」と紹介される加藤です。 そうなんです。私、ちょっとした獅子舞好き、民俗芸能好きです。 (ただ、私の知っているその界隈のオタクの方々に比べたら、ほんとにちょっとだけ愛でるの好き、程度のレベル) 幼い頃から地元で獅子舞に関わってきたの...
ドリームハウス

ドリームハウス

どうも、年末年始の同窓会で「都内で一軒家建てたいんやったら俺に言ってな!」と豪語してきた伏見です。 新年明けましておめでとうございますm(_ _)m 昨年はお陰さまで大きな怪我なく働く事が出来ました。今年もブログ・・・じゃなくて安全第一でやって参りたいと思いますm(_ _)m さて、代表・青木ブログでもふれていましたが...
日本昔話 from 湯久保

日本昔話 from 湯久保

吉田です。 以前のブログで紹介しましたが、私が住んでいる場所は南斜面の尾根の上にある、たった15世帯しか住んでいない集落です。そこでは鑾野大豆という地大豆を大切に育てたり、上下水道を自分たちで管理したり、夏には3匹獅子の奉納を行ったりと郷土カラー色濃く残る東京の山村集落なのです。 山から学ぶ 今年の春、我が湯久保集落で...
林業のおいしいところ

林業のおいしいところ

お久しぶりです。飯塚です。 日に日に寒くなりますね。 檜原へ移住してきて初めての冬なので、寒がりの僕は毎日ドキドキしながらすごしています。 寒いとシーズンオフになるお仕事もありますが、林業では伐採シーズン到来です。 チェンソーズでも間伐がメインですが、伐採のお仕事も増えてきました。 社有林では東京美林倶楽部のエリアを伐...
担子菌は手が4つ

担子菌は手が4つ

寒くなってきました。みなさまお元気ですか? 勤勉かつなんらかの使命感に燃えた他メンバーたちが、燃えるような熱意をもってここまで(ほぼ)毎週欠かさずに更新されていた当ブログを大幅に遅延させた犯人・佐田です。反省しています。ということで今回は、贖罪の気持ちを込めてあくまで真面目に物憂げな秋を綴ってみたいと思います。 ‥‥‥...
檜原村の暮らし

檜原村の暮らし

てっきり育休中はブログ免除だと思っていましたが、チェンソーズはそんなに甘くないようです!! ご無沙汰しております、飯塚(潤)です。 6月末に引っ越し、すぐ出産、、という怒涛の日々で、あっという間に今年もそろそろ年賀状の季節になっております。 村での生活、そして初の子育てはまさしく新しい世界でした! 自分てこんなに心配性...
Return Top