私たちについて

東京に美しい森をつくりたいので、森のかけらをお届けします

 

わたしたち東京チェンソーズは、東京の西にある檜原村で林業を営んでいます。
林業とは「木を植え、育て、伐って使う」こと。
木は伐って使っても、また植えて育てることで、いつまでも使い続けていくことのできる自然素材です。

山から伐り出した真っ直ぐな幹は家の柱や板になりますが、曲がった幹や枝葉などは森の中に置き去りにされてしまいます。
それは、あまり美しいものではありません。

森の中に置き去りにされた“森のかけら”のような素材たち。
それらはとてもシンプルで個性的です。ひとつとして同じカタチがありません。

森デリバリーでは、その個性ある素材の魅力を引き出すお手伝いをしています。
活かし方はそれぞれ思いのまま。

たいせつに育てた木を、一本まるごと余すことなく活かしきること。
わたしたちが林業の仕事を通して目指していることです。
たくさんの人に“森のかけら”に触れてもらうことは、
東京の美しい森を作ることにつながります。

わたしたちはそのきっかけをつくるために、あなたの街に森のかけらをお届けします。