2018.02.20

山もいいけど川も好き!

細田です!ここ最近暖かくなってきて、村に残り続けていた雪もだいぶ少なくなってきましたよ。自分寒いのは大の苦手なので、はやく春になってほしいですね。春になったらなったで「花粉症+鼻炎」というコンボを毎年食らっていますが、、、、
さて、タイトルにもあるように僕は小さいころから山はもちろん、なぜか川が大好きです!林業のブログを書いておきながら川かよというツッコミが聞こえてきそうですが、自然つながりということで大目に見ていただければと思います(汗)
僕にとって山と、そこを流れる川は見ていてワクワクしてくるんです。幼少期は毎年のように母親の実家がある秩父に遊びに行って、家の目の前にある川に服のまま飛び込んでいました。後で気づいたことですが、その川は家庭の排水が直で流れ込んでいる川だと知りました、、、
子どもの頃の僕はそんなことを気にもせず、全身水につかって思いっきりその水飲んでましたよ、、、今思うと汚いな~。胃腸がわりと丈夫なのはそのせいですかね。
僕らが働いている檜原村を流れる秋川は水がとても澄んでいてめっちゃ綺麗なんです。村に走りに来た自転車仲間からも大好評。秋川沿いは道路も整っているので、休日ともなると多くの自転車乗りが走っています。こんな環境で働けるからこそ、しっかり丁寧な山作りをして、山と川、ともに綺麗な姿を保ちたいと気合が入ります。そのためにはもっと林業について勉強しなきゃですね!
最後に秋川の写真をのせます!ひとつは夏、もう片方は冬の様子です。綺麗な川で癒されたい方はどうぞ檜原村までおこしください!!

この日記を書いた人

細田 遥

細田 遥

細田 遥

1991年生まれ。埼玉県伊奈町出身。立正大学 人間福祉学科(現在は子ども教育福祉学科)卒。神奈川県で保育士として3年勤務。未来に残る森を作りたいと思い、転職。湯久保宿 会員。

この著者の日記はこちら