2021.04.21

はじめまして、新人です。

はじめまして、4月に入社しました村瀬です。

神奈川県出身で、その後和歌山や海外でも生活してきましたが、どこも海の近くでした。今回はじめて山側で生活をすることになりました。

所属は林業事業部です。
が、がっつり現場作業を担うにはあまりにも鈍臭すぎるので、主に各種調整などを行い、
現場で働く方々を支えていきたいと思っています。
将来は自然に関係した仕事をしたいと選んだ大学で林業に触れてから、
これまで行政、国際協力と林業や森林とは付かず離れずの距離を保ってきました。
前職では、海外での自然環境保全に目を向けていましたが、不思議と日本の林業をなんとかしたい、という思いが強くなりました。
林業の何がそんなに良いの?
という質問が出てきそうですが、
課題が多いからこそ可能性がありそうと感じています。
そして、何よりも自然を相手に、30年、100年先のことを考えるスケールの大きさも魅力です。
あとは、やっぱり山の現場で働く人たちがかっこよいな〜と漠然とした憧れは常に抱いていました。
そんなときにご縁をいただいたのが東京チェンソーズです。
働き始めてみて、小さな事業体だけにすべてがオープンになっていて風通しの良さを感じています。
また、メンバーそれぞれが親切丁寧だし、キャラを活かして良い仕事をしているな~と感じる日々です。
まだまだ初めてのことばかりで、周りの方々に教えられてばかりですが、
常に学ぶ姿勢を忘れずに、いろいろな取組に共に挑戦していきたいです。
どうぞよろしくお願いいたします。
植栽

春は植栽シーズン。研修も兼ねて教えていただいています。

この日記を書いた人

村瀬美美

村瀬美美

村瀬美美

神奈川県平塚市出身。東京農工大学農学部卒。和歌山で林業行政に携わる。これまでの知識と経験を海外で役立てたいと国際協力分野に転身するも、「自然の中で働きたい、足元である日本の林業をしっかりすることこそ大事」との思いを強くし入社。1985年生まれ。 【目標】固定概念を疑う、持続的な働き方で現場を支える。

この著者の日記はこちら