プロダクト販売

弊社では「街の人に森のめぐみを気軽に手にとってもらいたい」、「生活の一部に溶け込むようなアイテムを作りたい」といった思いから、デザイナーとコラボするなどして木材製品を開発・販売しています。

製品のご購入・開発等のお問い合わせはこちらから

A BOX
ありそうでない、シンプルで美しい「A BOX」(あ ぼっくす)という名前の木箱です。
深さが三段階あるので用途に合わせて選べ、積み重ねても使いやすいよう箱の底面には裏桟がついています。
また、天然木の節あり材をそのまま使用しているので、一つ一つ多様な表情を持つ木の個性をお楽しみいただけます。

【素材】檜原村産のスギ、サワラ、ヒノキ(森林認証の森由来のもの)
【デザイン】真喜志 奈美(まきし なみ) :プロダクトデザイナー/1966年沖縄県那覇市生まれ。
【加工の流れ】
檜原村で伐採した木を村の製材所で板挽きしてもらい、天然乾燥させます。
その後、隣のあきる野市にある箱物の特注家具製作を得意とする「小野木工製作所」にて加工してもらいます。
【A BOXの特徴】
・これまで加工に不向きであまり使われていなかった、節のある材を有効活用しています
・ゆっくり太陽の力で天然乾燥をしているので、独特の艶や香りを楽しめます
・原料は檜原村の木、加工は特注家具の小野木工製作所〜“メイドイン東京”の箱
・シンプルなデザインで頑丈な作りなので、使い方は自分次第にアレンジ可能

ほたるのつみき
私たち東京チェンソーズが拠点とする東京都檜原村は2014年12月に「ウッドスタート宣言」をしました。
檜原村は東京都では2番目の宣言都市ですが、木材生産をしている市町村では一番乗り。
誕生祝い品の木のおもちゃは檜原村の木を使って、村内の製材所で加工し、村の人がひとつひとつ丁寧にて手作業で仕上げています。
そのひとつに2017年から加わったのが「ほたるのつみき」です。かわいいホタルの中に、綺麗なビー玉が入っていて、お尻をのぞくと光って見えます。
お誕生の時期はラトル(ガラガラ)として、大きくなってからは積み木として。ご家族で長く遊べるデザインとなっています。

【素材】檜原村産のヒノキ(森林認証の森由来のもの含む)
【デザイン】香田 佳子:「おもちゃ工房・アトリエ倭(やまと)」デザイナー
【監修】東京おもちゃ美術館
————-
ウッドスタート宣言は、市町村単位だけでなく、企業や保育園・幼稚園など、法人単位でも可能です。
「ウッドスタート宣言に興味がある」「誕生祝い品として購入を検討したい」など、お気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちらから
・ご予算に応じて、つみきの数など仕様を相談できます
・木箱にはオプションでロゴも含めたレーザー印字が可能です

Return Top