原木・製材品販売

私たち東京チェンソーズは、山で伐採した丸太を市場等へ出荷するだけでなく、檜原村の製材所で板に加工してもらい、それを天然乾燥(※)させて、自社で管理・販売をしています。

原木・製材品等についてのお問い合わせはこちらから

これまでの事例
<K×Kプロジェクト>
2016年11月22日、学校法人工学院大学と株式会社結設計室と弊社との三者により「K×Kプロジェクト」が締結されました。
このプロジェクトは、工学院大学八王子キャンパス内に点在する、老朽化が進む20棟あまりの小規模な建物について、今後10年にわたって学生たち自ら多摩産材を使って建て替えを進めていくというもの。
木造建築を学ぶ機会がほとんどない同大建築学部のなかで、学生たち有志によるサークル活動としてできる範囲で設計や施工に関わり、結設計室が学生のアイディアを取り入れながら設計作業を行い、弊社の扱う多摩産材を使って木造で建て替えるという仕組みです。
弊社の役割は①木材の伐採・乾燥・製材など材料の提供、②現場ツアー・体験などの企画、制作、運営などです。
これにより、弊社からは定期的に木が出ることになり、大学では学生が木造建築を学ぶことができ、かつ、長く使う建物が残ることとなりました。

第一弾は野球部器具庫

<個人邸>
弊社では一般社団法人TOKYO WOODに加盟し、原木供給という役割を担っています。「東京の木で家を作りたい」というお客様に対し、顔の見える木材を提供しています。

<保育園の内装・遊具>

※天然乾燥について:
通常、市場で出回っている木材のほとんどは「人工乾燥」で短期間で強制的に乾燥させているため、水分とともに木特有の香りや防腐・防虫作用を持つ油分も一緒に飛んでしまうという欠点があります。
それに対し、「天然乾燥」は太陽の力でじっくりゆっくり、水分のみを飛ばす昔ながらの手法です。これは時間も手間もかかるために、今ではほとんど採用されていません。
天然乾燥の良さはなんといっても、木の香り。それから防腐・防虫作用のある油分を含んでいるため、独特のツヤのおかげで見た目も美しく、余計な人工塗料を塗る必要がありません。
Return Top