まるごとニュースレター

2021/06/08

第20回 気になるツガの落とし物

倒れたツガの木のそばに落ちていたこれ。なんでしょうか?
マテリアル販売事業部・吉田、後半はおもちゃ工房・工房長の関谷にも聞きました。

——これ、なんですか?

ツガの枝と幹の境の部分。木が雷かなんかに打たれて倒れたのが、だんだん腐って、これが抜け落ちたんだと思います。右手が幹の中で、左手が地上に出てた枝ですね。

——これだけ残ったんですか?

いずれ全部腐るはずですが、硬い芯の部分が残ったんですね。

——珍しいんですか?

同じようなのはときどき見かけます。これはツガですが、モミもあるし。けっこうあるんだと思いますが、なかなか気にして山から持ってくることはないですね。

——これは誰が?

林業事業部の飯塚くんが持ってきてくれました。ときどき見かけていて、気になっていたんだと思いますよ。もう1個あります。

——すごい綺麗ですね 。

木目がめちゃくちゃ詰まってます。

―何に使いますか?

(関谷登場)

試しに縦に割ってみたいですね。半分に割いて、壁に貼り付けて、棚にしたらおもしろそう。

——それたしかにいいですね。

それから、半分に割って中をくり抜いてお椀のようにして、小物入れはどうでしょう?

とりあえず割かないと始まらないですね 笑
でも、どう割くか。いろんな角度で見てみたい。どこがどういう波を打っているのか見たい。

——でも、割ったらそれきりですね。

もう1個ありますよ。

■素材データ
サイズ:長さ:400mm、幅:100mm(広いところ)
樹種:ツガ
状態:樹皮付き
伐採時期:不明
重量:1.5kg

(取材後記)
山にはそれなりにあったんでしょうが、ほんと気にしていないものでした。好奇心、探究心、必要ですね。ちなみに、こういう使い方もできます(木田)。

2021/06/01

第19回 使いやすそう! スギの1枚板・天板

檜原村内某所。店じまいをした製材所を片付けている過程で出てきたスギの1枚板。テーブルにちょうどぴったり合いそうな曲線が見事です。

マテリアル販売事業部・吉田に聞きました。

これ、どうですか?
スギの根曲りを1枚の板にしたものです。

——面白いですね。

テーブルに最高じゃないですか。

——曲がり具合がいいですね。どこにあった木ですか?

村内の製材所で店じまいをしたところがあって…けっこう前なんですけど。その製材所のご主人が大事に保管していたんですね。そこをいま、檜原村木材産業協同組合が依頼を受けて整理していまして…
そこから出てきたものを購入しました。

―どのへんが良かったですか?

別の製材所さんが事務所のテーブルに曲がったスギの一枚板を天板として使っているのを見ていて、ずっと良いな〜と思っていました。

―ええ…

オフィスのテーブルに曲がった天板ですよ。オフィスはガチガチの直角のものが多いので、その大らかさが良かったです。

―ついに見つけた。

これだって感じです!

——相当太い木だったようですね?

そう。年齢もだいぶ高い木だったと思われます。
それの完全な根曲り部分ですね。

―ということは?

この先の部分はおそらく原木市場に丸太として並んだわけで…
こっちの根曲り部分は普通ならパルプ用か燃料用のチップになっていたはずなんです。

―それが出てきた。

過去のどなたかの粋な計らいがあって、製材されることになったんです。

―いいですね。

そんなことを想像すると何だか楽しくなるし、わくわくします。

―木目が綺麗です。

そうなんです。それにけっこう目が詰まってますね。ここに土星があります 笑

―どれくらい置いてあったんでしょうか?

数十年程あったと思います。からっからに乾燥してますよ。自分がほしいくらいです 笑

▪素材データ
サイズ:長さ:1370mm、幅:340㎜~580mm、厚み:30mm
状態:樹皮剥き
材種:スギ
伐採時期:不明(2000年~)
重量:10kg

(取材後記)
この曲がり具合、テーブルにちょうどいい感じです。相当気に入って買い入れたようですね。
人気になりそうですので、 気になった方はお早めに(木田)。