- online store -

- staff blog -

2020.08.14

ドローン利用で資材運搬(初)

2020年8月14日、ドローンを使って、都の委託事業であるシカ柵設置の使う資材を現地に運び込みました。初の試みです。

ドローンは林業用に開発された、マゼックス製の「森飛-morito-」。重さ15kgまでを牽引できるウインチを備えています。今回はドローンを所有する、立山産業株式会社さん(福生市)にオペレーターも含め協力していただきました。

運んだ資材は50m巻きのネットや支柱、杭など約950kg。これまでは、人が肩に担いだり、架線を使って運んでいました。架線はそれなりに便利なのですが、資材を置きたい任意の場所へ下ろせるドローンはそれ以上です。
人力で運ぶことが極力抑えらたことで、急斜面を何度も往復することからくる疲労や、滑落・転倒といった危険が避けられることとなりました。