2015.07.06

Walk on the Wild Side

みなさん、こんにちは。東京チェンソーズ広報・木田です。この7月1日から弊社はいよいよ10年目のシーズンを迎えています。ホームページも一新しました。
それに伴い、ブログもスタート。2006年創業直前からの「チェンソーズに明日はない」、2011年からの「LIFE」につづいて、これが3代目となります。
写真は創業間もないころ、初めて新聞掲載(毎日新聞)を記念してのものです。当時、代表の青木は29歳でした。

もう1枚も同じころ、間伐の現場へ向かい、さぁ、歩き始めようというときのもの。左から井上、水出、青木の順です。井上、水出はその後独立、「木林士」を創業、山仕事を続けています。クルマは井上のアクティ(軽トラ)と水出のジムニー。社用車を買うまではこの2台で現場へ向かっていました。チェンソーはゼノアG-3700。まだ新しいですね。

ブログは今日がその1回目。今後、毎週1回、社員が週替わりで「山のいま」をお伝えしてまいりますので、どうぞよろしくお願いします。
これからも、歩いて行きますよ!
 
担当:木田

この日記を書いた人

木田 正人

木田 正人

木田 正人

1966年生まれ。青森県弘前市出身。日本大学農獣医学部卒。雑誌記者など出版界勤務後、「人のため、地球のための仕事」をしたいと思い、林業を志す。東京チェンソーズ設立当初から森林整備と広報を担当。

この著者の日記はこちら