- online store -

- staff blog -

私たちのこと

これまでの歩み

    • 2006年
    • 07月
    • 青木亮輔、木田正人、水出健二、井上大輔の4名が東京都森林組合を退職し、「東京チェンソーズ」を創業。社名は泊まり込みの会議を経て決定。代表・青木は当時29歳。
    • 10月
    • 初の社員旅行で箱根・湯河原へ。
    • 12月
    • 社用車1号「ホンダ・アクティ」導入。
    • 2007年
    • 03月
    • 檜原村建設工事等競争入札参加資格を得る。村での最初の仕事は時坂地区・村道沿いの草刈り。
    • 11月
    • 森林組合時代の先輩に古民家を借り、時坂事務所スタート。当初は玄関周りと8畳間のみの使用。
    • 2008年
    • 06月
    • 2度目の社員旅行で沖縄へ。その日、沖縄は梅雨明けした!
    • 08月
    • 4人の森林組合時代の同僚・木住野耕が入社。
    • 2009年
    • 04月
    • 東京都競争入札参加資格(物品等)を得る。
    • 12月
    • 東京都知事より林業事業体の認定を受ける。
    • 2010年
    • 03月
    • 全国森林組合連合会より林業事業体の認定を受ける。 木住野退社。
    • 06月
    • 東京都の地域人材育成制度を利用し、新人3名(吉田尚樹、田丸光起、森谷隼斗)を採用する。当時の吉田は31歳、一児のパパ。外資系コンサル会社8年のキャリアからの転身。田丸は東京農大を卒業後、アルバイト2ヶ月を経ての本採用。森谷は当時19歳。偶然見たテレビのニュースで「チェンソーズで働く広島出身の田丸」を観て、「地元の俺を差し置いて!」との熱い思いから応募。
    • 07月
    • 創業メンバーの水出、井上が独立。林業事業体「木林士」を立ち上げる。
    • 地元・檜原都民の森で初のツリークライミング体験会を開催。
    • 2011年
    • 02月
    • 法人化。「株式会社 東京チェンソーズ」となる。
    • 04月
    • 徳間書店より「今日も森にいます。東京チェンソーズ」が出版される。その後2014年絶版。
    • 12月
    • 公式Facebookページスタート。最初の記事の「いいね!」は7でした。
    • 2012年
    • 05月
    • 3回目の社員旅行。特急「踊り子」号で伊豆・熱川へ。
    • 07月
    • 都の地域人材育成制度を利用し、新人1名(飯塚達郎)を採用する。採用の決め手は「インドを自転車で旅したこと」との説も。
    • 12月
    • 田丸が卒業。地元・広島で林業をやっていくため、測量・調査等の技術を身につけるべく「合同会社 多摩の山守」へ転職。
    • 2013年
    • 01月
    • 緑の雇用トライアル枠で1名(青柳孝)を新規採用する。大手の広告営業27年のキャリアを経て、現場仕事に加えて「東京美林倶楽部」事業を中心に担当。
    • 02月
    • 多摩木材センター協同組合の荷主登録を完了。番号は「55」
    • 05月
    • 都の地域人材育成制度を利用し、新人1名(大塚潤子)を採用。
    • 2014年
    • 05月
    • 山と渓谷社より「林業男子」が出版される。「東京美林倶楽部」や「おもちゃヴィレッジ構想」などについて紹介される。
    • 07月
    • 林業経験4年の佐田周平を中途採用。
    • 都の地域人づくり制度を利用し、新人2名(伏見直之、加藤真己)を採用する。先にアルバイトとして入社した沖倉樹、高田朋に加わっての新人4人体制となり、切磋琢磨の日々。
    • 11月
    • 構想から5年、「東京美林倶楽部」の第1期会員募集開始。
    • 2015年
    • 03月
    • アルバイトの沖倉を社員として本採用。高田が退社。後に「森のお仕事株式会社」へ参加。
    • 04月
    • アルバイトの福島理可を社員として本採用。
    • 04月
    • 東京美林倶楽部 第1期スタート。
    • 08月
    • 木工の勉強に専念するため、福島がアルバイトに戻る。
    • 12月
    • 実家の製材所を手伝うため、沖倉が退社。
    • 2016年
    • 02月
    • 青柳が退社、「ユニバーサル林業」設立。
    • 04月
    • 東京美林倶楽部 第2期スタート。
    • 05月
    • 飯塚潤子が第一子出産に伴い、産前産後休暇および育児休業を取得。
    • 07月
    • 事務職アルバイトとして竹本明子、森未有の2名を採用。事務専任での採用は初の試み。
    • 08月
    • 現場技術者を3名アルバイト採用(城定鷹也、細田遥、宮下翼)。いずれも26歳。
    • 2017年
    • 02月
    • アルバイトの竹本を正社員として本採用。
    • 04月
    • 東京美林倶楽部 第3期スタート。
    • 06月
    • 弊社社有林にてFSCおよびSGECの森林認証(FM認証)
    • 07月
    • アルバイトの城定、細田を正社員として本採用。宮下は家業を手伝うため退社。
    • 10月
    • 新規事業「森デリバリー」を開始。
    • 11月
    • FSCおよびSGECの森林認証(COC認証)を取得。
    • 12月
    • 環境省 第5回 グッドライフアワード 環境大臣賞「優秀賞」を受賞。取組名「東京で林業に生きる!」
    • 2018年
    • 04月
    • 東京美林倶楽部 第4期スタート。
    • 05月
    • 竹本が第二子出産のため産前産後休暇の取得および育児休業に入る。
    • 06月
    • 緑の雇用制度を活用し、鳴島浩二・小島良太・吉田裕貴の3名を契約社員として採用。
    • 弊社が初めて新人採用した3人のうちの1人、森谷が地元・あきる野市の林業・地域に貢献したいとの思いから独立。「山武師」を立ち上げる。
    • 07月
    • 小島が退社。アルバイトとして2年前から働いていた関谷駿を正社員として本採用。
    • 長野県伊那市、岐阜県高山市へ研修旅行。
    • 11月
    • 飯塚(潤)が第2子出産のため産前産後の休暇の所得および育児休業に入る。
    • 東京で林業機械展が開催。それに合わせて2泊3日の林業機械展キャンプを開催。全国から参加した同業者と焚き火を囲んで酒を飲み交流を深める。
    • 12月
    • 飯塚(達)が、弊社では男性初となる育児休業を取得する(1ヶ月)。
    • 2019年
    • 02月
    • 東京美林倶楽部の現地見学会と感謝祭を初の同時開催。合わせて60名が参加。山の見学のほか、バーベキュー演出家・金子明弘さんの本格バーベキューを堪能。
    • 04月
    • 東京美林倶楽部第5期スタート。5期からは社有林の尾根側での実施。
    • 05月
    • 全国展開している「6歳になったら机を作ろう!」を檜原村で初開催。今後、月1回ペースでの開催を予定。
    • 広島で林業をやりたいと2012年に退社した田丸が、「林業舎 雨と森」を創業。
    • 06月
    • 檜原村が募集していた「おもちゃ等工房」の運営事業者に採択される。運営開始は11月を予定。檜原村の木を活かしたおもちゃや什器等の製造を行なう。
    • 07月
    • 林業部門で長谷川新平、森デリバリー部門で本山龍太郎を採用。
    • 08月
    • 檜原村の「払沢の滝ふるさと夏まつり」および木育キャラバンに合わせ、東京美林倶楽部の下草刈りイベントを2日間に分けて1〜5期合同で開催。
    • 11月
    • 「おもちゃ等工房」の運営がスタート。オープニングレセプションには、檜原村の坂本義次村長、東京おもちゃ美術館の多田千尋館長をはじめ、多数が列席。ご挨拶をいただきました。その後は設備のデモも。
    • 12月
    • 檜原村トイビレッジ構想が「農林水産業みらい基金」2019年度助成対象事業に採択。工房もオープンし動き始めたトイビレッジ構想に、さらにあと1歩の後押しをいただきました。これを機に林業を元気にし、地域に貢献できればと思います。詳しくはニュースリリースでご確認できます。
    • 2020年
    • 02月
    • 前年に引き続き、東京美林倶楽部の現地見学会と感謝祭を同時開催。合わせて60名が参加。山の見学のほか、伐採と枝打ちのデモ、昼食はバーベキュー演出家・金子明弘さんによるジビエ・バーベキュー。
    • オンラインストア開設。毎日に暮らしに山の魅力を取り入れる手助けになればいいです。同時に、会社ホームページもリニューアル(3代目)。
    • 事務で会社を支えてくれた竹本が退社。今後は暮らしに「緑のある心地よさ」を届ける仕事を始める予定。 代わって、浜野継男が入社。
    • 3月
    • 東京・国立市のギャラリーで「1本まるごと展」開催。1本の木から用意できるすべての素材を展示する本展は、木の新しい可能性が切り開かれ、様々なアイデアや試みが生まれる場となることを願って開かれました。