まるごとニュースレター

2021/04/27

第15回 200年ヒノキの宇宙

節が描く模様が目を引くヒノキの1枚板。樹齢は200年を超えるとのことです。マテリアル販売事業部・吉田に聞きました。

——香りがすごいですね。

すごいですよね。この木は香りが強いですよ。

——これまで見た中で、ここまで強いのは初めて。慣れてるからか、いつもはほぼ感じない。伐ったばかりですか?

去年の11月ごろです。

——どこの木ですか?

檜原のとなり、五日市の青木平というところです。

——樹齢どのくらいなんでしょう?

200年を超えるという話です。

——200年!

200年越えてるっていってましたね。自分は元玉を見てないですけど、200年はゆうに超えてるだろうという製材所のお話です。
これは根元から20mくらい上の枝の多い部分。

——製材所で見つけたんですか?

製材所にカウンター用の材を探しているお客さんが行って、ちょうどいい材ないかなんて話をしていたときに、前に買って、丸太のまま置いてたヒノキを思い出して、あれ挽こうってなったそうです。
で、ちょうど挽き終わったときに僕が行ったんですが、めちゃくちゃ天気のいい日で、光って神々しかったです。

——たしかに輝きそう。

そうそう、太陽の光にきらきら光ってるって感じが良くて、これはやばいと。
もうじっとしていられなくて、6枚あったうちの4枚を売っていただきました。

とにかく節がすごい。これなんか飛び出てます!

——色が濃いですね。

そう、赤みが濃い。

——オイルを塗ったようにも見えます。

そうですね、節の部分は割れ防止のための塗料が塗ってありますが、仕上げる際には削ってしまうのでなくなります。節の色が濃いのは油分が強いんでしょう。

——この木目もすごいですね。はけで塗ったみたいです。

模様みたいになってますね。ほんと、そう、根株にあるような繊維の揺らぎ。根っこじゃないですけど、同じですよね。
この節のあるあたり、周りが押しつぶされて、こう、炎みたいじゃないですか。根張りの部分が光沢が出てるのと一緒。

惑星が見えて来ました。

——たしかに星みたいですね!

こういう天板の材は2mで挽くことが多いので、3mはめずらしいですよ。

——このボコボコがいいですよね。

節のところがボコボコするんですね。サイズが大きいからボコボコ感が、通常以上に出る。その隆起を生かして、カウンターやテーブルに使えるといいですね。

——それにしてもこれくらいの木がまだ残ってるんですね?

そういうことですね。社有林にも100年越えた木がありますし…やっぱりそういう山あるんですよ。

——乾燥はどれくらいかかりますか?

挽いてまだ数日なので含水率が50%でした。1年置けば20%くらいまで下がると思います。             

あと2mのも2枚買おうかなって思っているので、在庫は3mが4枚と2mが2枚になる予定です。

■素材サイズ:長さ:3000mm、幅:(末口)500〜550mm、(元)600〜650mm、厚み:60mm
状態:樹皮剥き
伐採時期:2020年11月
重量:50kg

【取材後記】
見れば見るほど、節のひとつひとつが銀河のように見えてきます。ほんとに宇宙かも、と思える板でした(木田)。

2021/04/20

第14回 ビッグ根張りで作る案内板はいかが?

ビル内のサインに使ったら映えそうな巨大なヒノキのバタ付き根張り。通常はここまで大きいものは出てこないのですが…マテリアル販売事業部・吉田に聞きました。

——ずいぶん大きいですね。

山で伐採するときに、邪魔になるので先に落とす根元の広がり部分を“根張り”と呼んでいて、在庫しているものの多くは最大で50cmくらいですけど、これは製材所に根張りがついたまま持って行って、製材所で挽いてもらったときに切ってこぼれ落ちた宝物。“バタ”と呼ばれる丸太の端の丸み部分と根張りが一体になってます。

—製材所に持ち込むときは、根張りありで持ち込むこともよくあるんですか?

そうですね。だからこういうのもあるんですよ。ただ、通常は使えない部分としてチップなどにしてしまうので、このままの形では残らない。

——いつ伐採したんですか?

けっこう前。3〜4年は経ってますよ。

——そうするとかなり乾燥してますね。

かなり。

それから、この木目を見てください! 根張りに共通するタケノコ型です。

—タケノコってはじめて聞きました。でも、木が成長する過程がよくわかりますね。

根っこから伸びて、太いところから細くなって上に伸びて行く、その過程を刻んでるんですよ。

——どんなふうに使いますか?

表面をきれいに削ってそこにレーザーで印字して、看板として使うのはどうでしょうか? 鉄の土台をつけて使うと良さそうです。

ちなみに、裏側は樹皮が少し残ってます。
これは製材所のリングバーカーという機械で樹皮を剥いているので、水圧で剥いたのとは違って、表面がガサガサしています。
このままでも良いし、加工して綺麗にすることもできますよ。

■素材データ
サイズ:高さ:1500mm、幅:320mm、奥行き:120mm
状態:樹皮付き
伐採時期:2017〜2018年
重量:5kg

【取材後記】
山にあるとあまり目立たないのですが、空港や駅、商業施設などにあれば存在感抜群だと思います。「Welcome to JAPAN」「Welcome to TOKYO」なんて書いてあったらかっこいいです!(木田)