まるごとニュースレター

2021/03/30

第11回 ツリーハウスにいかがですか? 広葉樹各種”磨き丸太”

深いしわやでこぼこが特徴の細丸太。林業をやっていても、なかなか出会うものではありません。初めて見ました! これは何? マテリアル販売事業部・吉田に聞きました。

各種広葉樹の細い丸太です。針葉樹の磨き丸太を床柱に使ったりしますが、その広葉樹版みたいなものですね。針葉樹の様にまっすぐではないけど、比較的まっすぐな部分の皮を剥いたものです。

こういう丸太は乾燥の過程で収縮して必ず割れてしまうので、背割と言ってあえて切込みを入れることで、それ以上割れないようにしています。

ー木の種類は何ですか?

じつは分からないんです。

なぜかというと、これ譲り受けたものなんです。シデやホオなど、何種類かあるかと思います。

—どなたからいただいたのですか?

ある製材所からで…

檜原村にも昔は製材所がいっぱいあって、そのうちのひとつが店終いしました。
そこの方が持っていたものです。
それを別の製材所さんが譲り受け、そこから、まるごと販売やってるなら扱ってみたらと。

—めぐりめぐって…

だから樹種が不明なんです。

—いつごろの話ですか?

その製材所が閉まったのが5〜6年前。そのときはもうこういう状態だったと。

だから、もう、からからに乾いてますよ。

ー広葉樹のこうした丸太はよくあるんですか?

専門で扱ってるところがあります。

ー初めて見ました。

いろんな表情ありますね。つるつるのも、がさがさのも、でこぼこのも。

—どんなものに使えそうですか?

構造材にはならないけど、見せる柱として使うとか。ツリーハウスなんかも良さそう。
細いのは階段の手すりとか…触るものとしていいかも。手触りがいい。

檜原村は面積の93%が森林。その6割が針葉樹で、われわれもよく使います。でも、残りの4割は広葉樹です。
広葉樹はコナラはじめ、いろんな種類で構成されていて…広葉樹もうまく使えたらと思いますよ。

■素材データ
サイズ:長さ:2000mm〜3200mm、直径:150mm〜200mm
状態:樹皮剥き
材種:広葉樹各種
伐採時期:不明(おそらく2015年ごろ)
重量:20kg〜100kg(材種により異なる)

【取材後記】
触って気持ちの良い材でした。サイズも樹種もいろいろなので、ぜひ見にきて選んでほしいです。叩くと音もいろいろ 笑(木田)。

2021/03/23

第10回 耳付き板に野生を感じる!

両サイドが斜めになったり、丸みを帯びてる板を見たことありますか? 写真の赤でマークした部分で、それを “耳”といいます。パンの耳と同じようなものかもしれません。耳付き板の魅力をマテリアル販売事業部・吉田に聞きました。

——これはどんなもの?

社有林のスギを水圧で樹皮を剥いたあと、製材所で耳付きで挽いたものです。
水圧で剥くと木肌がつるつるになるんです。だから、そのまま使えちゃいます。

——耳付きとは製材のときに切らなかった端の部分ですよね?

そうですね。このまま挽いてくださいと、あえて残した部分です。

——あまりないものですか?

1枚で天板になるような大きいものは耳付きで挽くこともありますが、細いものはあまりないんじゃないかな。長さとしても、4mは初めてです。

こことか、色が濃いところもありますけど、綺麗ですよ。

——どんな使い方がありますか?

うーん、少し幅が狭いので、これ1枚でカウンター材になるかは難しいかも分からないですけど、何か置く台とか…ベンチにも良さそう。

あとは“幅はぎ”と言うんですが、2枚を横にくっつけて使うこともできますよ。丸太の中心部分の赤身と、外側の白太をうまく組み合わせれば、両端は耳付きのまま、幅広い一枚板の様にも使えます。

——伐採はいつですか?

これは最近で、まだ2ヶ月くらいです。跡地は今度の春に植え付けします。

——乾燥してるんですか?

あるところで庭園の木道に使うということで、人工乾燥機に入れて乾燥した材の残りです。ですので、すぐ使えますよ。含水率は20%まで落ちてます。

——耳付きで木道?

そう、どうなるか楽しみです。これまでは、防腐剤を塗った既製品を買って使っていたそうですが、無垢の木で作って見てはどうかと提案しました。

——在庫は?

10枚あります。限定10枚、40m!

——ちなみに、こっちの丸くなってるのは?

それはバタといって、丸太の一番端だったところ。普通は薪に使うくらいですが、ある製材所さんで壁板として、壁に貼って使ってます。ちょっとログハウスみたいに見えていいですよ。

■素材データ
サイズ:幅:4200mm、長さ:300mm〜400mm、厚み:60mm
状態:樹皮剥き、耳付き
材種:スギ
伐採時期:2020年12月
重量:15kg

【取材後記】
耳のかたちは板によりけり。1枚たりとも同じものがないあたり、規格化されていないワイルドな魅力。野生感があるので、室内で使うとよりかっこいいように思います(木田)。