まるごとニュースレター

2021/07/06

第24回 防風林のツバキ

檜原村・湯久保。山の上のこじんまりした集落にあったツバキの木。地域を守る防風林だったそうです。よーく見ると小枝が切り取られているようで…
マテリアル販売事業部・吉田に聞きました(吉田も湯久保の住人です)。

―何の木ですか?

ツバキです。

まず、この木がどこから来たかをいうと、私の住んでいる集落・湯久保(檜原村)なんですね。

―はい。

そこのあるお家の、その段下に木がいっぱい植わっていて、防風林みたいなかんじになってるんです。

―防風林があるんですか?

ほとんどの家にあります。聞いたら、昔の家は石の上に乗っているだけだったから、庇が長いと下からの強い風で家が持ち上がってしまうんだ、とのことでした。

―山の上だから、風強いですか?

ほんとに強い風が来たときは守るものがないからと、いうことでしょうね。縁側の前にあって、下からくる風を防ぐのに必要なんです。

―どこの家にも防風林があるんですか?

はい。その家だけじゃないですよ。ないのはうちくらい 笑

―ツバキを防風林にしてるんですか?

スギやケヤキもあるんですが、ツバキもあって…
そんな大きなサイズじゃないですけど色々な樹種が混ざっていまして、で、何年かに1回、混んで暗くなっちゃうから、剪定や間伐をしている中で出て来たツバキです。
よく見ると、枝を切ってあるの分かります? 葉落としをしてるんですね。

―なぜ葉っぱを落としてるんですか?

使ってるんですね、そのお宅が。さて、問題です。何に使ってるでしょう?

―おっと 笑

(いろいろ答えるが…)

違います。染め物に使ってます。葉っぱを燃やして、灰にして、焙煎液として使ってます。
草木染めで紫や藍を染めるとき、定着させるために焙煎液に入れるんですが、灰を水と混ぜて、その焙煎液にするんです。

―ツバキ葉の灰はそれに向いてるんですか?

アルカリ成分が多く染色に適してるそうです。
染色家の方を招いてワークショップをやったりしてるんですが、ツバキ灰があるなら安心だとお話しされてるそうで…

それに、ツバキ灰はすごく貴重だとも。灰にすると、量が葉っぱの1/100くらいになるそうです。

―灰に適した時期ってあるんですか?

6月終わりの若葉のころがいいようです。

―そういう木なんですね。

そのようにして、葉っぱが取られたものを、枝は使わないからと、譲っていただきました。

―樹皮、白いですね。

そうなんです。もし、白い枝を探してる方がいましたら…、それと、ツバキってけっこう硬いんですよ。細いですけど、幹の部分はしっかりしていて、重みもあります。

―ツバキを扱うのは初めて?

在庫は初めてですね。

▪︎素材データ
サイズ:高さ:3000mm、2800mm、直径:40mm
状態:樹皮付き
樹種:ツバキ
伐採時期:2021年3月
重量:2kg

(取材後記)
山にツバキはけっこうあって、そのせいかあまり注目してこなかったのですが…。その土地の木というのは、そこの暮らしに結びついてるんですね。
こちらがツバキの灰を使った焙煎液で染めたムラサキの和紙です(木田)。

2021/06/29

第23回 曲がりが面白い、もったいない、から倉庫に来た木

檜原村・小沢の土場に置かれていたクリとシデの枝先。ウッドチップとして処分されるはずでしたが、“曲がりの面白さ”が買われてここ、檜原某所の倉庫にやってきました。
マテリアル販売事業部・吉田に聞きました。

――これは何の木ですか?

クリとソロです。ソロというのはシデ類ですね。一般的にはアカシデとか、イヌシデというのかもしれません。檜原にはよくある木です(写真左がクリ、右がシデ)。

搬出している現場の土場に出ていたんですが、チップ材用の場所だったんですね。それをスタッフが「もったいない」と、引き取ってきたんです。「曲がりが面白い」って。

――「もったいない」と思うのがいいですね。

そうなんです。ニュースレター始めて、僕自身そうですが、いままで目に入ってなかった材がどんどん目に入ってきて、これは! となること多いですね。

――そうですよね。そういう目があるから、こういう材が世に出る。

そうなんです。

――で、何に使いましょう?

何でしょうね… 笑

――ところで、これは誰かお客様も見てるんですか?

見てますよ。みなさん「何ですか?」と 笑

(写真手前:クリ、奥:シデ)

ツリーハウスの構造材に使えるかも、というお話があります。

ーー構造材ですか?

やはり曲がりが面白いそうです。

――たしかに。

あとは舞台の装飾とか。

——これが枝先ということは、もともと大きい木だったんですか?

そうですね。

——何年生くらいですか?

50年くらい。

――伐採はいつですか?

10月ごろに伐ってたと思います。秋に切ると水分の抜けがいいですよ。

――冬はどうなんですか? 秋から冬にかけてが伐採シーズンだと思いますが。

そうなんですが、最近は、年が明けてから伐ると遅いという人もいます。現場の感覚でもそうかもしれないな、と。

――どうしてですか?

秋から冬にかけては木が水を吸い上げない時期で、乾燥させやすいし、腐りも入りにくいしで、伐るシーズン、伐り旬というんですが…、年が明けると、もう水を吸い始めてることがあります。

これも温暖化のせいなんでしょうか…。

■素材データ
サイズ:長さ:3700mm、径:90mm〜100mm(クリ)、60mm〜130mm(シデ)
状態:樹皮付き
樹種:クリ、シデ
伐採時期:2020年10月
重量:50kg

(取材後記)
檜原村某所の“まるごと素材”倉庫に、これもいつの間にかありました。初めは「何これ?」でしたが、話を聞いてみるとやはりいろいろと出てきます。
初めに苗木を植えた人、下草を刈ったりして木の世話をした人、伐採した人、山から出してきた人、まちで使う人…。いろいろ関わる人がいて、そういう人たちの気持ちを聞いてみたいなと思いました(木田)。