まるごとニュースレター

2021/07/20

第26回 40cm角! 規格外の”特大角材”に製材所も笑う

これはでかいです。標準的な角材(12cm角)の9本分あるそうです。どんな木なんでしょう?
マテリアル販売事業部・吉田に聞きました。

―これはでかいですね。どこの何の木ですか?

檜原村小沢地区のサワラです 。小沢の伐採現場は、けっこう大きい木があったんですよ。
120年超えてるスギもありましたし…、これはかなり大きなサワラが取れたうちのひとつ。

―どれくらいのサイズだったんですか?

立木の状態で胸高直径60cmはあったと思います。
そのあと丸太にして、細い方の直径、末口直径というんですが、50cm後半ありました。かなり大きい木ですよ。

―樹齢は?

樹齢も100年超えてます。

―で、製材して…

40cmの角材になりました。40cmってベンチにちょうどいいサイズなんですよ。2人で座れます。

これも“サワラの芯腐れ”がありまして…。

―こういう腐りは大丈夫?

これ以上腐りが進行することはないですよ。

前にも芯のないサワラを紹介したことあったじゃないですか。

※「中空のサワラ」

あれを見た方から太鼓にできないかとお話をいただきまして…
でもあれ、薄くてさすがに無理だったんです。それに比べたら材が残ってるので、そういう使い方もできるかもしれないですね。

―太鼓は芯が腐ってるのがいいんですか?

胴を抜いちゃうから。

―胴を抜く?

太鼓にするのに芯を繰り抜くんです。

―なるほど。

その手間が半分くらい終わってるし、逆に芯が自然に抜けた形跡を残して使ってもおもしろいかなと。

―それにしても大きいですね。

そうだよね。存在としてインパクトがある。流通する規格じゃないですよ。材木を扱ってる人でも、あまり見たことがないサイズ。

製材所で挽いたとき、根っこから40cmの角を取りたいと話したら、みんな笑ってました 笑
木材産業に関係している人たちも、こういうサイズの角を取ることがないんですよ。製材屋さんが笑うなんて、そんなことふつうない…

―根っこに近い部分なんですか?

ほんとに根っこの部分ですね。このタケノコ状の木目を見てください。根張りに近いところです。
それと、ここにほら、伐採するときのチェンソーのあとも少し残ってますね。

■素材データ
サイズ:幅:400mm、長さ:1100mm、高さ:400mm
状態:樹皮剥き
樹種:サワラ
伐採時期:2020年12月
重量:30kg

(取材後記)
初めてみました。こういう大きな角材。持ち込んだ方も、持ち込まれた方も、みんな和やか。笑顔で仕事をしています(木田)。

2021/07/13

第25回 年輪くっきり! 価値観を逆転するスギ

年輪の模様がくっきり浮かぶ大きな“たんころ”。たんころとは、造材(丸太に加工)する際、曲がりやでこぼこが嫌われ切り落とされる部分のこと。たいていは土場に転がってます。
マテリアル販売事業部・伏見に聞きました(初登場)。

―この木は何ですか?

社有林のスギです。

―伐ったのは?

僕です。
作業道のすぐ脇にあって初めは残してたんです。だけど、重機も通る道なので、しっかり幅を確保したくて伐りました。

―ずいぶん大きい木ですね。どうやって伐るんですか?

これくらいの大きさになるとチェンソーのバー(刃)の長さが足りないので、1回では伐れなくて…2方向から刃を入れて伐りました。

―何年生ですか?

(年輪を数える)
65くらい。

―とくべつ古い木ではないですね。

そうですね。東京の山はだいたいこれと同じくらいです。

年輪見てるといろいろ分かるんですよ。

―何がですか?

初めのうち幅が広いですね。周りの木よりも成長が早くて、抜けて大きくなったようです。僕らはジャイアンと呼んでます 笑

で、20年過ぎたくらいから混んできて、このへんで間伐。

―間伐すると…

周囲が開けて明るくなるので、また成長がよくなる。年輪幅が広がりました。

ただ、こういう木は原木市場ではあまり好かれない。

―ゆるゆる、ということですね?

年輪の詰んだ緻密なのが良いとされますから。

―ええ。

でもこれ、年輪がはっきりしているから、育ってきた様子や手入れをしてきた人たちの存在が感じられる訳で、面白いですよ!

―たしかに、そうです。

価値観の逆転!

―おお!

いまの東京の山では最大クラスの大きさですよ。

―側面のでこぼこもいいですね。どんなところで使えそうですか?

カフェで使って、何かの置き台とかどうですか?

■素材データ
サイズ:高さ:370mm、径:500mm、
状態:樹皮剥き
樹種:スギ
伐採時期:2021年3月
重量:50kg

(取材後記)
今日は大人数での取材でした。人が集まることで、いろんな見方が分かる。いいですね(木田)。