まるごとニュースレター

2021/04/13

第13回 渋色! クリの耳付き1枚板登場

これまで伐って出すことがなかったというクリ。在庫として持つのはこれが初めてです。マテリアル販売事業部・吉田に聞きました。

重い、重いですね。久しぶり、4mでこれだけ重いと思ったのは。

——どこの木ですか?

檜原・小沢の伐採現場です。一昨年くらいから毎年少しずつ伐っているんですけど、これは昨年11月から1月にかけて伐ったもの。

今年の現場は広葉樹が多く、尾根の方にクリやイタヤカエデ、コナラ、ホオの木、シデ類なんかがありました。
広葉樹なんで曲がっていますけど、比較的素直な木が多かったですよ。

——少し前に出してたやつですね。

そうですね。ほかに2mに造材したものもあります。

——耳付きいいですね。

皮をむくのが大変だった。製材所では樹皮がついたまま挽いて、そのあとに手で剥きました。樹木が水をあまり吸わない時期に伐ってるから、樹皮が張り付いていてなかなか剥けないし、大変でした。水を多く吸い上げる春~夏に伐った場合は、剥きやすいんですけどね。

——水圧じゃない?

ヘラとマイナスドライバーです。

——どれくらいかかるんですか?

片面30分くらい。17枚あるので、じつに2人で2日かかりました!

——クリはよく家の土台に使うと聞きました。

そうですね。腐りにくいから土に近い土台に使ってました。

—ほかの用途としては?

このあいだは水車の軸に使うというのがありました。あとは、お店のカウンターとかよさそうです。

—クリをいままで扱わなかったのは?

こういうサイズのクリを伐って出すことがなかったからですね。

—伐採は難しいですか?

重心がまっすぐ上じゃないから、全然違いますよ。けっこう傾いているから。

(そこへ製材所社長登場)

—これ、このあいだ挽いてもらったクリですよ。

いいよね、この渋色。

—クリの製材はよくあるんですか?

こんな太いのはないよね。こういうのはカウンターに使えば綺麗じゃない!
昔はこんなに太くなる前に伐っちゃった。土台に使ったりしたからな。このごろ使わなくなって、こんなに太くなったけど、山でこんな太いクリめずらしいよ。

—こういうのはどれくら乾燥させるといいですか?

1年とかだな。

—耳付きで製材するには手間かかるんですか?

これくらいの大きさなら平気だよ。

この間ヒノキの耳付き売れたよ。自分の家のカウンターに使うからと、突然、製材所にお客さんが来て。

今度積む時はひっくり返して、一番上に重いのを乗せておけば反らないよ。間に桟木(さんぎ)を多く入れてどんどん重ねるといい。
でも、少し反ってるのもおもしろいよ 笑

■素材データ
サイズ:長さ:4000mm、幅:350mm、厚み:60mm
状態:樹皮剥き
伐採時期:2020年11月〜2021年1月
重量:80kg

【取材後記】
製材所社長が開口一番いった「渋色」は赤身の薄い茶色だそうです。羽織なんかにあるそうですよ。渋いですね。そういえば弊社の事務所も土台がクリらしいです。大家さんによれば400年経ってるとか(木田)。

2021/04/06

第12回 木の生命感をダイナミックに表現〜枝付き丸太

木の生命感溢れる枝付き丸太。建物や場所のシンボルになりえる、十分な貫禄をただよわせています。ただ、このかたちですから、山から出すのが一苦労だったようで…マテリアル販売事業部・吉田に聞きました。

普通は山で枝を落として、棒状の丸太のかたちで搬出して、それを市場や製材所に持って行くわけですけど、これは枝をそのまま残したものです。

—迫力ありますね。山から出すのが大変だと聞いています。

これを伐ったのは林業事業部の思か、飯塚だったかな…普通に倒せば枝が折れてしまうので、倒す場所を選んで…。で、普通はそのあと枝を落として、グラップルという重機で掴んでトラックに載せるんですが、枝が付いていて掴めない。

—どうしたんですか?

チェーンソーで枝の長さを少し切って、幹も必要な長さに切ります。そのあと幹にロープをつけて、重機で引っ張り上げて運びました。

—運ぶのも大変ですね。

トラックの荷台に直接置くと枝が折れるので、枕木を設置して、その上に載せて運びました。

—一度にたくさんは乗りませんよね。

2本ずつです。

—それから樹皮を剥くんですね?

トラックの上で水圧をかけて剥きました。そのあと金ダワシもかけて。
それを乾燥場に持って行って干すんです。10本あったのでトラックで5往復しました。

—枝付き丸太の見どころはどこでしょう?

枝の出ている幹との付け根の部分の隆起ですね。普段はあまり目にすることのない、自然の美しさ、力強さですよね。
木は葉がないと光合成できない。枝はその葉を出してる大事なパーツなわけです。枝がないと光が吸収できない。生きる源です。

—どんなふうに使えますか?

ヒノキは構造材として使うこともできますけど、主に装飾でしょうね。カフェに置いているのを見たことがあります。
他には、たとえば遊具として。しっかりとした太さの枝なら木登りもできるかもしれません。

—どれくらい乾燥させるんですか?

今あるのは天然乾燥で半年です。

■素材データ
サイズ:長さ:4000mm、直径(末口):160mm〜200mm
状態:樹皮剥き
伐採時期:2020年10月
重量:80kg

【取材後記】
この秋オープンする「檜原森のおもちゃ美術館」へ枝付き丸太を搬入しました。森をイメージするスペースに設置させるようです。乾燥に時間かかりますが、在庫(木)は社有林にまだありますよ(木田)。