家のことに時間を使う

毎年恒例の小沢式三番も終わり、個人的には冬支度を意識し始めた今日この頃ですが、皆さんはいかがでしょうか。檜原村は8月のお盆を過ぎると秋めいてきて、9月初めの式三番が終わると冬に向けて季節は足早に過ぎていきます。

小沢式三番での禊風景。雷雨で増水し、ハードな禊となりました。

最近は、家のことのために時間を使うということを覚えました。休みの日は仕事のインプットに費やそうとか、普段できていない仕事のことをやろうとか、なんやかんやと仕事のことが頭から抜けないので、思い切って時間を作って旅に出たり山に登ったりと休みをいかに満喫するかということに力を注いできたので、家のことは二の次。それが何か急に思い立って、ここ数ヶ月は時間を作っては家のことでやりたかったことのために時間を使うということに目ざめました。
まずは、引っ越してから物置と化していた屋根裏部屋を片付けて、家を建てる時に思い描いていた空間にすることから始まりました。

様々なものを断捨離し、ここは本当に快適な空間に生まれ変わりました。好きな本に囲まれて、これからの休みが楽しみになる誰にも邪魔されない秘密の部屋のようです。

薪小屋がほしいよねと思い続けて2年、ようやく手をつけ始めたと思ったらなかなか時間が作れず、近所のおじさんたちにいつ上棟だ?とからかわれながら少しずつ進めて、先日ようやく完成。

森林組合時代に先輩から教わった山小屋の作り方を思い出しながら。

ファイヤープレイスも作り、家に居ながらにしてキャンプ気分を満喫できるとても素敵な空間を作ることができました。
水場もトイレも冷蔵庫も寝床も近い最高のキャンプ場です。
ここがまた新しいイマジネーションを生み出す場となるのではないかとこれからの活用が楽しみです。
このスペースができてから家に居ながらにして頻繁に焚き火をするようになりました。

檜原村に住むようになって、畑も近く、川も山も近く、職場も近くてとうとうキャンプ場までもが近くなって、自分の人生にとって檜原村に暮らすことが最高の時間となりつつあります。こんな幸せなことってあるでしょうか。
檜原村の新しい家に住むようになって2年、家のことに時間を使えることに喜びを覚えています。

家の目の前がキャンプ場

 

コメントはこちら

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top