なぜ林業を選んだ?

なぜ林業を選んだ?

こんにちは皆様。去年の7月から東京チェンソーズでアルバイトとして入社し、今年の7月より正社員の仲間入りをさせて頂きました細田です!今までは新人ブログがメインでしたが、満を持して社員ブログデビューと相成りました。今までの先輩方が執筆されたブログを見ていると、内容と言いますか、あまりのハードルの高さに焦っています、、、ここで下手な内容を投稿してわが社の評判が落ち、怖い先輩方から事務所裏に呼び出される、、、なんてことにならないようにしたいものです。(誤解のないよう書いておきますが、皆さん良い先輩ばかりですよ!)

さて、初投稿は何を書いたら良いのか悩みに悩みました。林業の事を書こうにも自分のような林業初心者はあまり深い内容も書けないだろうし、そもそも林業始めたての人間が生意気に語ってんじゃないと、持ち前のネガティブ思考が訴えてきます、、そこで今回は、なぜ自分が林業をやりたいと思ったのかを改めて考えてみました。

そもそも林業をやりたいと思った理由として、未来に残る山をつくりたい、自然の中で働いてみたいといった気持ちが大きかったです。しかしなぜこう思うようになったのかを今一度考えてみると、けっこう単純な答えが出てきました。それは「山で働く人の姿が純粋にかっこいい」と感じたからだと思います。チェンソーを担いで軽々と山を登り、真剣な表情で木を伐倒する姿に心から憧れたんだなぁと自分の中で考えました。林業はいわば職人仕事。技を極めようとする姿は本当にかっこいいと思ってます!もしお時間があれば、ユーチューブなどで伐倒の動画をご覧になってみてください。今はまだ全然現場の役には立てていませんが、しっかりと技術を磨き、いつか自分も格好良くチェンソーで伐倒を決めたいです!当面の目標は「慌てないこと」ですかね、、、もちろん林業の魅力はそれだけじゃないので、追々伝えていければと思ってます。

最後に自分が今後お世話になる相棒の写真をのせます。こいつと一緒にがんばります!!

細田

 

 

コメントはこちら

*

Return Top