まるごとニュースレター

2021/05/25

第18回 希少な”極太”丸太。直径500mm超も!

近付くにつれ、そのめったに見ない大きさが目に入ってきます。まるでビルのような丸太の群れ。
マテリアル販売事業部・吉田に聞きました。

——並んでると迫力ありますね。

すごくないですか! 樹皮を剥いた大きい丸太がほしいというお客さんが多いんですよ。

——どれくらいのサイズが需要あるんですか?

直径40cm内外から50cmなど。40cm超えのものが欲しいという方ほとんどです。

——そうなんですか。

ですが、いままでは在庫も生産も間に合わず、四苦八苦してきました。

今年はしっかり在庫を作ろうということで用意してます。直径が30cm超えから40cm、ものによっては50cmのものもあります。

——こういう太い木はふつうどう使うんですか?

板にすることが多いですね。

ただ、大きい節のある材を板にすると、節部分が抜けてしまう死節があって使えないこともあります。

——はい。

このサイズの丸太であれば、ぜんぜん違う使い道が見つかると思いました。

——この冬、たまたま大きいのが見つかった?

そうです。来年あるかは分かりません 笑

——どこで伐ったかはまちまちですか?

そうですね、社有林とか小沢地区とか…全部檜原村内ではあります。

——檜原によくあるサイズは?

檜原村は戦後に植えた場所がほとんどですので大きなものは少なくて、やっぱり大きいものでもスギ で40cm。ヒノキで30cmを超える程度までですね。
だから希少ですよ、東京の70年生の山で、40cmを超えてくる丸太をそのまま使うってのは。

——どんな使い道がありそうですか?

スツールや椅子でしょうか。

——ちなみに苦労していることはありますか?

保管する場所ですね。

▪素材データ
サイズ:長さ:500mm〜1100mm、直径:300mm~500mm超
状態:樹皮剥き
伐採時期:2020年12月~2021年1月
重量:70kg前後

【取材後記】
山でよく見るものより確実にひとまわり大きい丸太。
”どっしり感”満載でした(木田)

2021/05/18

第17回 珍しいスギの曲がり材あります

極端な曲がりが特徴のスギ2本。山では見かけることがあるそうですが、素材として流通するのは非常に珍しい逸品です。マテリアル販売事業部・吉田に聞きました。

——すごい曲がってますね。なんの木ですか?

スギです。スギの曲がり材。

——どこの木ですか?

これはですね、檜原村なんですが、ある会社で伐採してる現場がありまして…

——はい…

林業あるあるで、ほかの会社の土場をつい見てしまうと。
土場というのは木材の一時的な置き場なんですが、ちょうど都道ぞいにあって、木がいっぱい並んでて…。

——ええ…

ある日通ったら、端の方にすごい曲がってる木が2本置いてあって、もちろん、処分するんだろなと思ったんですけど、

ほんと、ニュースレターをやり始めてから、そういう目線でしか見れなくなってきてるというか…親しくさせていただいている会社なんですが、ちょうど知り合いがそこにいまして、あの曲がってる木、どうするの? って。

——このかたちで土場にあったんですか?

そう、このかたちで。樹皮はもちろん付いていましたけど。

——いい出会いですね。

「1本まるごとカタログ」に曲がり材を出してるんですが、極端に曲がってるのがなくて…で、売っていただきました。1点ものです。

——こういう木は山ではよく見ますよね?

そうですね。間伐対象ですね。

——そこまで珍しいものではない?

そう。まーまー、あります。
ただ、これを山から出してきてくれたということに感謝します。

——何か目的があったんでしょうか?

とくにはなかったと思います。この木の真っすぐな部分も含めて1本をそのまま山から運んで、土場で玉切りしてたので、その流れかなと。
真っすぐな所だけ使って、これはチップにするなり、処分するつもりだったのかと思います。

——運ぶにも置くにも場所を取ります。

そう、邪魔。通常の林業の目でいったら邪魔な存在なんですが…本当によく出してくれたと思っています。

(もう1本を見る)

——この曲がりはあまりないかもしれませんね。

弓なりになってます。オブジェとしていいかもしれませんね。

——何に使いますか?

構造材にはならないけど、半割りにしてベンチとかどうですか。曲がったベンチ、よくないですか?

■素材データ(1本目)
サイズ:長さ:3000mm、直径:200mm
状態:樹皮剥き
伐採時期:
重量:50kg

■素材データ(2本目)
サイズ:長さ:2700mm、直径:200mm
状態:樹皮剥き
伐採時期:
重量:50kg

【取材後記】
あまり意識して見ていませんでしたが、切り捨て間伐の現場ではよく見かけた木です。しかし、それを出して来て、こうして樹皮を剥くと見違えます(木田)。